シンプルライフとシンプル思考

人生も思考もシンプルに!毎日が少しでも楽しくなるような考え方や映画、本などについての記録です。

幅広い世代の青春を描いた、映画「恋は雨上がりのように」

小松菜奈と大泉洋というベストなキャスティング (C)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館 マンガ原作の実写化映画は、ほとんど見ないが、珍しく今回観たのが 「恋は雨上がりのように」という映画。 特にあまり期待はして…

人は悩む生き物。悩みのあれこれ。

悩みについて思うこと ここ最近、ふと思ったことがあった。 何かに悩んでいる時って、自分のことしか見えてなくて、自分の 期待した通りに上手くいかないから、ウジウジ悩み始めると思う。 そして、悩めば悩むほど、行き詰ってしまう。 悩みに心を支配されて…

究極のリアリティを追求した映画「15時17分、パリ行き」

イーストウッド監督がこだわったリアリティ (C)2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC 実話をもとにした映画は今までにも数多く作られているが、事件の当事者が 主演を演じるというの…

映画好きに見て欲しい!圧倒的なスゴさ!映画「スリー・ビルボード」

脚本力の凄さを感じる作品 (C)2017 Twentieth Century Fox 公開前から、観たいと思っていた映画「スリー・ビルボード」だが、 やはり見て損はなかった。 冒頭のシーンから印象的で、見る者を一気に引き込んでいく。 ストーリーは、アメリカの田舎町を舞台に…

難民問題をユーモアで語る映画「希望のかなた」

映画「希望のかなた」 前回のブログ更新から4ケ月余りが過ぎ、気がつくと2018年だった(笑) 去年は後半いろいろあったが、少しづつ落ち着いてきたので、さっそく 映画を観に行ってきた。 今年初めての映画は、アキ・カウリスマキ監督の「希望のかなた」

疲れた心に癒しを。映画「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を観た

「ボブという名の猫」の心温まる実話 (C)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED. 映画の無料招待券の期限が間近に迫っていたので、仕事帰りに 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」を観に行った。 何年か前にテレビ番組で、スト…

大人のおしゃれ事情。

今までの服が似合わない 40歳を過ぎた辺りから、今までの服が似合わなくなったことを実感した。 体重は昔とあまり変わらないのに、体型が年齢とともに変化している。 悲しいかな、ジーンズが恐ろしいほど似合わなくなり、カジュアルな恰好が ただの部屋着…

笑って泣けてスッキリ!ほんの少し元気が出る映画「きっと、うまくいく」

落ち込んだ時に観たい映画「きっと、うまくいく」 不調ってほどでもないけど、「何となくだるいな~」とか、 「やる気が出ないな~」って思う時って、ありますよね? 私はそんな時、家でのんびりとDVDを観るのが好きで、 その時の気分によって、感動、癒…

罪悪感について。その(1)「自分が悪い」という罪と罰。

罪悪感とは? 心理学を学んでいた時に、必ず出てきたのが「罪悪感」という感情で、 なかなか手放すことが難しいテーマでもあります。 「罪悪感」という感情は『自分が悪い』と自分を責め、何らかの形で 自分に罰を与えようとします。過去について「未完了の…

人間の深層心理をあぶり出す映画「セールスマン」を観た

イラン映画「セールスマン」を観た (C)MEMENTOFILMS PRODUCTION - ASGHAR FARHADI PRODUCTION - ARTE FRANCE CINEMA 2016 イラン映画の名匠・アスガー・ファルハディ監督の映画を観た。 ファルハディ監督の映画は、今までに「彼女が消えた浜辺」「別離」 「…

イライラの感情と怒り。イライラすると疲れやすい。

イライラすると疲れる 暑い日が続いているせいか、最近、やたらとイライラすることが多かった。 とにかく些細なことでイライラカリカリし、心に余裕がなくなっていた。 ホルモンバランスの乱れも関係しているとは思うが、こうも頻繁に感情の アップダウンが…

不安のあれこれ。人生に不安はつきものだ。

不安のあれこれ 出来れば、毎日楽しく心穏やかに過ごしたいと思うけど、将来のことを ふと考えた時に、不安に襲われることは誰でもあると思う。 仕事の不安、お金の不安、老後の不安、親の介護の不安、健康への不安、 人間関係の不安、子供への不安、夫婦関…

何となく行き詰まった時。心がせかせかした時に観たい映画「めがね」

疲れた時はひと休みしよう 何となく行き詰まった時、お茶でも飲みながら一人でDVDを観るのが好きだ。 そんな時に観るのが、「めがね」という映画。 とにかく現実逃避をしたくなる時に、無性に見たくなる(笑)

乗り越えられない悲しみに寄り添いながら生きていく。映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観た。

乗り越えられない悲しみにそっと寄り添う映画 「もし、あの時、ああしていれば」「もし、あの時、あんなことしなければ」 誰でも一度は、そう思ったことがあるだろう。 しかし、いくら後悔しても時間はもとに戻らない。 後悔とともに生きていくことほど、つ…

他人からどう思われるかではなく、自分がどう思うかが大切。何者かになろうとしなくてもいい。

「自分を変えたい」という気持ちの裏には・・ 20代の頃、自分を変えたいって強く思っていた時期があった。 「人からどう思われるか」とか「よく見せよう」といった気持ちが 強くて、今の自分を変えて「素晴らしい自分になりたい」って思っていた。 だから…

それでも生きていく。映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を観て思ったこと。。

人はみんな何かを抱えて生きている やたらタイトルが長い「夜空はいつでも最高密度の青色だ」という映画を観た。 ストーリーは、昼は看護師、夜はガールズバーで働く美香(石橋静河)と 工事現場で日雇いで働く慎二(池松壮亮)が、出会いお互いに惹かれてい…

夢を叶えることは難しいが、夢を諦めることも難しい。

夢という甘い響き 「夢」という言葉には、何だか魔法のような特別な響きがある。 そのことを考えているだけでワクワクしたり、うれしくなったり、 生きていく原動力になったりもする。 以前観た「ばしゃ馬さんとビッグマウス」という映画でも、シナリオ ライ…

日常の中にある幸せ。

一日の始まり 毎朝、うちの猫の「ご飯くれくれ!」コールで目が覚める。 寝ぼけてボーッとした頭のまま、台所に行きご飯の支度をする。 ガツガツとご飯に食らいつく猫の姿を眺めながら、少しづつ目が覚めてくる。 一日の始まりは、猫から始まる。 どうってこ…

映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」。

世界共通のテーマ 今年こそは、映画を毎月1本観ると決めつつも、なかなか実行できにずにいた。 しかし、先月は既に2本観ていたのだ。まず、3月の初めに「愚行録」を観たが、 いい意味で、後味の悪さを引きずる映画だった(笑) そして、その後に観たケン・…

ある日のつぶやき。

ふと思ったこと。 毎日、目の前のことに気をとられ、何となくせかせかと過ごしていると足元に 咲いている花さえにも、気づかない。 「まあ、いいや」と自分に言い聞かせて、毎日を何となくやり過ごしている うちに、自分が本当はどうしたいのかわからなくな…

何かができてもできなくても、自分の価値は変わらない。そこにいるだけでいい。

「~ねばならない」の呪縛 「もっと頑張って目標を達成しなければいけない」 「もっと上を目指して成長しなければならない」 「もっと人に喜んでもらえるように、頑張らなければいけない」 この「~ねばならない」っていう感情は、うまくいけば野心につなが…

イライラした時は、自分の感情に気づくチャンス。心のメンテナンスをすることの大切さ。

イライラする時は、深呼吸をしてみる あっという間に1月も3週間が過ぎてしまい、何だか気持ちだけが焦り始めている 今日この頃。ブログも2ケ月以上放置・・(汗) 今年こそは、なるべく更新したいと思ってます( ̄◇ ̄;) さて、ここ最近イライラすることが多…

遅ればせながら、映画「怒り」についての感想。人間の内面的な葛藤を描く重厚なドラマ。

映画「怒り」について 前回の更新から、またまた1ケ月以上が過ぎてしまった。 そして、公開からかなり時間が経過しているが、今さらながら映画「怒り」に ついて書いてみたいと思う。映画を観たのは9月ですが・・・(;'∀') 主役級の豪華なキャストに、音楽…

映画「オーバー・フェンス」を観た。ささやかな希望の光に救われる。

映画「オーバー・フェンス」について 気づいたら前回のブログ更新から1ケ月も過ぎていた。 何となく日々の生活に追われ、書くネタが思いつかず、そのまま放置。 というより、書くネタを意識的に探してなかったのかもしれない。 色んなことに対して、心のセ…

不安な時、どうするか?不安とのつきあい方。「負けを生かす技術」を読んで考えたこと。

不安に囚われた状態 ブログを更新しなかった1ケ月間、実は仕事のことでいろいろあり、どうしても ブログを書く気にならなかった。 この世に起こった不幸の全てを自分ひとりで背負っているかのごとく、眉間に シワを寄せブスッとした顔で、どんよりとした毎…

一歩踏み出す勇気。何かを変えたい人におススメ!映画「LIFE!」

再び「LIFE!」を観た 「暑くて、何だかやる気が起きないな~。ああ~面倒くさいなあ・・」と ここ数日、ネガティブ思考全開だった私。

ブータンから学ぶ「これでいいのだ!」の自己肯定感。「ブータン、これでいいのだ」を読んで考えたこと。

幸せの国?ブータン たまたま本屋で手にとった『ブータン、これでいいのだ』の本。 ブータンって、世界一幸せな国で国王と王妃が、東日本大震災後に

浪費や衝動買いが止められないのは、なぜか?私が買い物にはまった理由。

セールでよく考えずに、安いから!と思って買ったけど、あとから 「あ~あ、やっぱりいらなかったな・・」って後悔したことって ありませんか?

映画『クリーピー 偽りの隣人』を観て思ったこと。日常に潜む恐怖。

こんにちは。みゅんです。 今日は、映画ネタです。この前、黒沢清監督の「クリーピー偽りの隣人」を 観て来ました。

泣くことでストレス解消!涙は浄化のエネルギー。

こんにちは。みゅんです。 みなさんは、最近涙を流して泣いたことがありますか? 悲しいとき、ちゃんと泣いてますか?