読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフとシンプル思考

人生も思考もシンプルに!毎日が少しでも楽しくなるような考え方や映画、本などについての記録です。

人に答えを求めても、正解はない。

f:id:sydankuten:20160624111714j:plain

人に答えを求める時

こんにちは。みゅんです。

今日は最近読んだ記事で、すごく印象に残った内容があったので紹介したいと

思います。

 

その記事は、映画監督の紀里谷和明氏が学生に向けたメッセージなん

ですが、多くの人にも当てはまることだと思うので、シェアしたいと思います。

 

www.co-media.jp

 記事の中で印象に残った内容がいくつかあるので、引用しますね。

ーーまわりの評価を気にせずに、自らを貫き通す原動力はどこから来ているのですか?

紀里谷:「貫き通さなかったらどうなるんだろうか?」と考えてみてください。人から何か言われて、やりたいことをやめようとか、言うのをやめようとか、そうするとどうなりますか?

ーー悔しいけれど、どこか安心する気持ちがあります。

紀里谷:答えが出ていますよ。貴方が決めることですよね?

ーーでも、自分を貫き通したいんです。どうやったらそれができるのか知りたいです。

紀里谷:僕が言ったところで、それはできないですよ。あなたがやるしかない。僕と貴方は根本的に違うから。じゃあ、貴方が死ぬ間際に自分の人生を振り返ります。誰かの言うことを聞いてしまって自分のやりたいことができませんでした。どうですか?

ーーやっぱり悔しいです。

私もそうですが、自分が何か迷っている時や不安な時って、正解が欲しいんだと

思います。それは自分の出した答えに自信がないから。失敗したくないから。

正しい答えなんてない

ではどうしたら、答えは見つかるのか?

記事の中で最も共感したのが、次の言葉です。

きっかけは与えられても、答えは与えられない。

きっかけは教えてもらえるかもしれないけれど、その通りにやったら、うまくいくのかって話ですよね。

そういうふうに考える人は「あなたが言ったからこうやったのに、
うまくいかなかった」と言うわけ。また人のせいになる。どこまでいっても人のせいになっちゃう。

だからその場で自分が決めるしかない。

ほんとに、その通りだと思います。

自分で決めない限り、ずっと他人のせいにして心の底に怒りを抱えながら、

生きていくことになると思います。そして、他人がやりたいことをやっているのを

見て、文句を言い妬み、自分の心に毒を盛りながら生きていく。

それは自分だけでなく、周りにも影響を与えていきます。コワイですね~(^^;)

まとめ

いくら人に答えを求めても、正解はないということ。

よく言われていることですが、「答えは自分の中にある」ということ。

「自分が決めたことだから、それでいいんだ」という自分に対しての

信頼感があるかどうか、だと思います。

そして、自分で決めたことに対して責任を持つこと。

自分で決めたことに対して、人から色々言われたとしても、自分が納得いく

生き方をすること。人の言葉に左右されないことです。

自分の人生を生きることが出来るのは、自分しかいないから。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます♪