読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフとシンプル思考

人生も思考もシンプルに!毎日が少しでも楽しくなるような考え方や映画、本などについての記録です。

色から見えてくる自分の心。黒を選ぶ心理とは?

 

f:id:sydankuten:20160703181401j:plain

こんにちは。みゅんです。毎日、暑い日が続いてますね~。

最近、クローゼットの服を何気に眺めていて、ふと気づいたことがありました。

 

それは、冠婚葬祭用と仕事系のスーツ、タンクトップ以外で、黒い服を持って

いないということでした。

現在持っている服の色は、大まかに分けると青、白、グレーの3色がメインです。

さし色としてオレンジ、カーキがあるくらいです。

以前は仕事でもプライベートでも、黒を着ることが多かったのに、ここ数年は

黒を着ることが減っていることに気づきました。

自分でも不思議だったので、色と心理についてちょっと調べてみました。

私が黒を着ていた時期

今回参考にしたのが、『色の心理学』という本です。以前、コンビニで

たまたま衝動買いした本です(^^;)

www.ei-publishing.co.jp

色についてわかりやくす書いてあり、色と心理についての基本的なことを

知るのに、とても参考になりました。

 

ではさっそく、黒のもつイメージです。色には2つのイメージがあります。

ポジティブ:強い信念がある。意志が強い。威厳がある。

ネガティブ:心を閉ざしている可能性。ストレスがたまっている。

      深い悲しみの可能性。

 う~ん、これだけじゃよくわかりませんよね。もう少し補足すると

黒はよくも悪くも絶対的な力の象徴で、黒を身につけることで、強さ、恐さのイメージを与えます。黒は、何色にも染まらない確固とした強さがあるため、黒を身につけることで鎧のように用いることが出来ますが、弱い自分を見せたくない、という深層心理の表れかもしれません。強い意志を貫くために、アピール出来る色でので、自己確立していこうと立ち向かっている状況を表しますが、魂の色やアイデンティティーが黒の人はいません。

 

黒を選んだ人は、何か心に重いものを抱えている可能性があるかもしれません。心を閉ざしている、というサインになります。

なるほどな~と思いました。全て当てはまるとは言えないけど、心あたりはある。

確かに黒を好んで着ていた20代の頃は、とにかく強い自分を演出していたことを

思い出しました。本当は自信がないのに、それを知られることが恐くて、

「できる自分」「すごい自分」をアピールするために、黒い服を着ていたのかも

しれません(^^;)

また、感情を出さずにクールに見せたいという気持ちが強かったと思います。

自分の内面の不安と怒りを隠すために、鎧のように黒を着ることで、自分を

守っていたのだと思います。

私が黒を着なくなった理由

では、なぜ黒を着なくなったかと言うと、2つ理由があります。

1つは、今の私には気分的に重たく感じる色だからです。

黒の持つ強さや洗練された感じが、今の私には合わなくて、重い。

色のパワーに負ける感じ・・。

そして、もう1つは年齢とともに黒が似合わなくなってきたから(^^;)

ここが一番大きな理由かもしれませんね(笑)

40代になった頃から、黒を着ると何だか疲れて見える、やぼったく見えるという

ことに気づき、もう若くはないんだな~としみじみ実感。

顔周りは黒もそうですが、ベージュ系もNGです。くすんで見えますね。

もちろん似合う方もいるとは思うのですが・・(いいな~

年齢とともに、何を着てもしっくりこないと嘆きたくなる次第ですが、

今の私にとって一番の問題は、暑いとおしゃれが面倒だということ(笑)

自分でもマズイなと思いつつ、暑さにはかなわず家で短パンとTシャツで

ダラダラと過ごす日々。早く夏が終わらないかな~と(^^;)

自分に似合う服や色は、その時その時で、変わっていくかもしれないけど

楽しみながら、チャレンジしていきたいですね♪

毎日の暮らしに色を意識して取り入れてみると、違った発見があるかも

しれませんね(^^♪

それでは、また♪