読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルライフとシンプル思考

人生も思考もシンプルに!毎日が少しでも楽しくなるような考え方や映画、本などについての記録です。

遅ればせながら、映画「怒り」についての感想。人間の内面的な葛藤を描く重厚なドラマ。

 

f:id:sydankuten:20161112091526j:plain

映画「怒り」について

前回の更新から、またまた1ケ月以上が過ぎてしまった。

そして、公開からかなり時間が経過しているが、今さらながら映画「怒り」に

ついて書いてみたいと思う。映画を観たのは9月ですが・・・(;'∀')

主役級の豪華なキャストに、音楽も坂本龍一を起用するなど、公開前から

話題性も高く、観た人も多いかもしれませんが・・・。

www.ikari-movie.com

映画のあらすじはざっくり書くと、東京・八王子で起きた夫婦殺害事件の

犯人が顔を整形し逃亡を続けていたが、1年後、東京、千葉、沖縄で素性の

知れない3人の男が現れて・・・といった3つの物語が紡ぎ出されていく。

犯人は誰か?といった謎解きよりも、登場人物の内面的な部分に焦点を

当てている。

はっきり言って、キャスティング目当てで観に行くとキツイかもしれない。

ポップコーン片手に気軽に観る映画ではなく、観る側にも覚悟がいると思う。

観終わった後、しばらく放心状態になり、何とも言えないどんよりとした

気持ちになった。

李監督の演出力の凄さ

 

f:id:sydankuten:20161112091633j:plain

映画を観て強く感じたことは、李監督の演出力の凄さと編集の巧さだった。

これだけ華やかな人気のある役者が出演すると、そのスター性が仇になり

映画としてつまらなくなってしまうことも多いが、李監督は見事に役者の

スター性を剥ぎ取り、新たな一面を引き出していたと思う。

そして、東京、沖縄、千葉を舞台に3つの物語が並行して展開していくのだが、

場所が変わるシーンの繋ぎ目や、音の使い方が上手く、最後まで飽きさせず

見応えがあった。

怒りから見えてくるものとは?

f:id:sydankuten:20161112092909j:plain

 

映画では、直接的に怒りを表すことが出来ず、飲み込んでしまう人たちが描かれ

ている。そして、そこから見えてくるのが、怒りの下に隠れている不安や恐れだ。

自分の身近な人を信じたいのに、信じることが出来ない不安や、疑ってしまう

恐れは、誰でも持っている気がする。

信じることが出来なかった自分に対しての怒り、信じていたのに裏切られた怒り

そしてどこにもやり場のない怒りなど。

その怒りの下にある本当の気持ちは、悲しみなのかもしれない。

そして、人を信じることの難しさだと思う。

人間の内面的な葛藤を描く重厚な作品。観て損はないと思う。